TOKYO GAME SHOW (TGS) 2018 に行ってきました!

東京ゲームショウ2018レビュー 雑記

東京ゲームショウ2018一般公開となる本日22日土曜に参加してきました。
TGS参加はこれで4回目でしたが毎年「過去最大規模!」みたいなことを謳っているだけあり
今年も人が増えたなと思わざるを得ない盛況ぶりでした。

今回の目的と感想

TGSの楽しみ方って人によってそれぞれだと思いますが
一般参加&一般入場の管理人の場合
体験したいブースを1つか2つに絞り、後はのんびりいろんなブースを外から眺めて過ごす
という感じで毎年参加しています。

今年は
ファルコムの閃の軌跡Ⅳの体験ブースを第一狙い(参加賞のコップ狙い)
5pb.のシュタインズゲートゼロのアマデウスAIとの会話ブースを第二狙い
という感じで挑みました。

自宅の最寄り駅から始発で移動し、開場についたのが朝の6時半頃。
今年の一般入場の待機列は例年とは違う場所でしたが
8時過ぎまで列は動かさず、その間トイレ等での列抜けオッケーなのは変わりませんでした。
今年はホール7のトイレが解放されていましたが待機列全ての人が集中してしまい
男子トイレの個室待ちがとんでもない列になっていました。
7時くらいに行った方は40分ほどで戻ってこれていましたが
8時前くらいに自分が様子を見た時は2時間待ちぐらいのレベルだったようです。

9時半くらいに列が動き始め、入場できたのが9時45分あたりでした。
そこからホール5の閃の軌跡ブースに直行してみるとその時間ですでに入場規制中となっており、待ち時間は120分待ちとなっていました。
しかたなく一旦同じホール内にあった5pb.ブースに行ってみると整理券配布中だったのでそちらを受け取り
再度閃の軌跡ブースに戻ると入場再開を待つ人だかりができていたので待つことにしました。

しかしここからが問題。
待てども全く開く気配のない入場口。気づけばものすごい人の量がブースの周りに。

東京ゲームショウ2018 閃の軌跡ブースの様子

閃の軌跡ってこんな人気あったんんだ….
と思わず驚いてしまうほどのものすごい人が集まり、これどうするんだろうとスタッフの対応を待っていると
体験は抽選にするので抽選券を配布するとのこと。

この時点で管理人は
「何のために朝一で頑張って並んだんだろう」
という気持ちでいっぱいでしたがもうしょうがないので抽選券を受け取りました。
閃の軌跡ブース体験抽選券

即席で作ったことが分かるものすごい簡素な作り(コンビニで印刷してきてもばれなさそう…)
そして結果はBとDが当選。他のすべてのブースを諦めて狙ったブースがこれって….
整理券さえ用意してあればこんなことにはならなかった(明日は行きませんがどうするのでしょうかね)
というか人気に対してブースの規模も位置も微妙過ぎた気がします。

なんかもう考えないようにして後はいろんなブースを回っていました。

ゴッドイーター3等身大アラガミ
ゴッドイーター3のブースでは新アラガミが圧倒的存在感!
キャサリンフルボディブース入り口
キャサリン・フルボディはなんかアウトそうな外見の体験入場口(笑)
東京ゲームショウ2018ジャッジアイズブース
龍が如くの新作「ジャッジアイズ」ブースでは不良(探偵)になったキムタクの暴れっぷりを見ることができました。

その他
東京ゲームショウ2018キングダムハーツブース
いよいよ半年後に迫ったキングダムハーツ3のブースや
東京ゲームショウ2018カイロソフトブース
意外とファンが多い、シミュレーションゲームのカイロソフトのブースなども見ました。
カイロソフトではゲームのソースコード公開もされていました。

東京ゲームショウ2018シュタゲゼロブース
そして忘れちゃいけない第二の目的、アマデウス紅莉栖との会話ブース。
入場するとこのような説明をうけたのち、約3分間の会話スタートです。
アマデウスAI説明書
アマデウスAI会話例

始めは紅莉栖から3択の質問があり、それに答えると対応した反応が返ってくる感じでした。
それが終わるといよいよ会話タイム。
アマデウスAI実際の様子
モニターはシュタゲゼロの岡部のスマホ仕様。
最初に聞く内容はもちろん決めてました。
「ぬるぽ」
ファンならおなじみのあの岡部とのやり取りを体験できて思わずニヤリとしてしまいました。
他にもいろいろ思いつく限りの(説明書に乗っていない)ワードを聞いてみましたが
結構しっかり聞き取ってくれて関心させられました。
鳳凰院凶真について聞いたら普通に岡部倫太郎についての反応が返ってきましたが、よく考えたらアマデウス紅莉栖と鳳凰院凶真って接点なかった気がします。

AIといいつつ、言われたことに決められたとおりに返すだけの簡素なものでしたが
原作ファンとしてはとても楽しめるブースでした。
地味に欲しかったビクトルコンドリア大学の入館証ももらえました。
会社のIC入れが壊れたのでこれ使おうと思います(笑)

シュタゲブース特典の入館証

この後は適当に物販見てみたり、コンパニオン眺めたり(カプコンが一番良かった気がしますが撮影禁止でした)
して会場を後にしました。
帰りの電車はほとんどの方が寝ていたのが印象的でした。
開場が広すぎて歩き疲れます。

参加する際の注意点

今回参加してみて改めて感じたTGS参加の際の注意点を自分への戒めとしてまとめておこうと思います。

  • 本当に体験したいものがあるなら先行入場可能になるTGS8サポーターズクラブチケットは買うべき
  • 一般枠で参加するなら狙いは絞るか、人気タイトルの体験は諦めるべき
  • 朝のトイレは駅で済ませておく(列待機中の大便は無理だと思う)
  • 2日間中片方のみの参加なら2日目にすべき(1日目で様子を見れるので)
  • 入場は1~8ホールと9~10ホールで分かれているのでどちらから入るか調べてから行くべき
  • 昼飯は持参

終わりに

色々ありましたがあのゲーマーが一同に集まる空気感を感じられることが
TGSの一番の醍醐味なんだと思います。
とにかく人!
東京ゲームショウ2018人混み
人!
東京ゲームショウ2018混雑
って感じでしたがそれだけゲームが愛されている証拠だと思うので来年もさらなる拡張を楽しみに待ちたいと思います。

そういえば、今年はPS4系のブースが目立っていたような気がします。スマホゲーももちろん多かったですが。
VR系はホールが別でしたし、やや目立ってない感じがしましたね。
管理人的にはもっと発展してほしいのに。

コメント